MFグバミンをプレミア勢が争奪戦か…リヴァプールとトッテナムらが関心

MFグバミンをプレミア勢が争奪戦か…リヴァプールとトッテナムらが関心
 マインツに所属するコートジボワール代表MFジャン・フィリップ・グバミンに、リヴァプールら複数クラブが関心を示しているようだ。フランスメディア『fussball transfers』の報道を引用し、イギリス誌『FourFourTwo』が23日に伝えている。

 グバミンは1995年生まれの23歳。ランスの下部組織出身で、2016年夏にマインツに加入した。中盤が本職ながらセンターバックでもプレーできる同選手は、今シーズンリーグ戦31試合に出場し、2得点1アシストを記録。また、世代別の代表ではフランス代表に選出されていたが、A代表は出身地であるコートジボワールを選択し、2017年6月にデビューを果たしている。

 報道によると、今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の対戦カードとなったリヴァプールとトッテナムの他にも、エヴァートンなどがグバミンの獲得に向けて強い興味を示しているという。選手本人も今夏の移籍を望んでいることから、プレミアリーグ勢による争奪戦となりそうだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。