首位攻防戦はウルグアイがチリを下しGS1位で決勝Tへ コパ・アメリカ

記事まとめ

  • コパ・アメリカ2019のグループC第3節でウルグアイ代表とチリ代表が対戦、ウルグアイが1‐0でチリを下した。
  • ウルグアイは勝ち点「7」でグループCの1位、チリは勝ち点「6」で2位となった。
  • 同時刻に行われた同組エクアドルと日本の試合は1‐1のドローで、グループCは首位ウルグアイと2位チリが決勝トーナメントに進出した。

首位攻防戦はウルグアイに軍配! チリを下しGS首位で決勝Tへ

首位攻防戦はウルグアイに軍配! チリを下しGS首位で決勝Tへ
 コパ・アメリカ2019のグループC第3節が25日に行われ、ウルグアイ代表とチリ代表が対戦。ウルグアイが1-0でチリを下した。

 ウルグアイは、初戦でエクアドルに4-0で勝利したものの、第2節では日本と2-2で引き分けて勝ち点4にとどまり、グループ2位で今日の一戦を迎えた。一方のチリは、初戦で日本を4-0で下した後、第2節でもエクアドル代表を2-1で破り、勝ち点6で首位に立つ。

 立ち上がりは、両チームとも中盤でボールを奪い合う展開となる。最初に相手ゴールを脅かしたのはチリ。チャルレス・アランギスが鋭いシュートでゴールに迫った。ウルグアイは18分、デ・アラスカエタスが右足の強烈なシュートを放つも、ゴール上に外れた。チリも時折鋭いカウンターを発動させるが、決定的なチャンスを作るには至らず。前半はこのまま、スコアレスで折り返した。

 後半に入り、68分にはチリが決定機をつかむ。ゴール前の競り合いの中から、パウロ・ディアスが際どいヘディングシュートを放つも、ウルグアイのホセ・ヒメネスがゴールライン上でクリアした。

 81分、ウルグアイが先制する。ホナタン・ロドリゲスが左サイドから入れたクロスをエディンソン・カバーニが頭で合わせ、ゴールを陥れた。カバーニにとっては、この試合の初シュートが得点につながる形となった。

 試合はこのまま1-0で終了。この結果、ウルグアイは勝ち点「7」でグループCの1位、チリは勝ち点「6」で2位となった。一方、同時刻に行われた同組エクアドルと日本の試合は、1-1のドロー。この結果、グループCは首位ウルグアイと2位チリが決勝トーナメントに進出した。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。