元フランス代表テュラムの息子、モナコからニースへ完全移籍

元フランス代表テュラムの息子、モナコからニースへ完全移籍
 ニースは26日、モナコからフランス人MFケフレン・テュラムを獲得したことを発表した。

 2001年生まれで18歳のK・テュラムは、元フランス代表DFリリアン・テュラムの息子。昨年11月29日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のアトレティコ・マドリード戦で途中出場し、トップチームデビューを果たしたが、2018-19シーズンは公式戦3試合の出場にとどまっていた。

 ニースのテクニカルディレクターを務めるジル・グリマンディ氏は公式HPで、「ケフレンは素晴らしいクオリティを持ち、ハードワークをする若者。若い選手にチャンスを与えることに躊躇しないクラブに来ることは、選手が成長することに必要であることを彼はすぐに理解した」とコメントを発表している。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年6月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。