勝負を決めた秘策は「ニア勝負」…仕込んだ武器で富山第一が初のインハイ4強に!

勝負を決めた秘策は「ニア勝負」…仕込んだ武器で富山第一が初のインハイ4強に!
 今大会の全3試合で無失点を続けていた“阿波のカテナチオ”徳島市立(徳島)を富山第一(富山)がセットプレー3発で粉砕した。

 前半4分、DF真田滉大が右サイドから左足で蹴り込んだCKが相手GKのミスを誘う。こぼれ球をDF丸山以祐が頭で押し込んで先制点を奪うと、前半アディショナルタイムにも再び真田の左足CKからゴールを破った。

「あれは狙い通りでした」という真田のキックから、今度はニアのDF吉藤廉が頭で合わせて2-0とした。徳島市立のGKは、188cmの大型守護神・中川真。中央、ファーサイドの競り合いで勝負しても彼に勝つことは難しい。それだけに、富山第一は前日練習で「ニア勝負」を確認。1点目は相手のミスによる幸運なものだったが、2点目は狙い通りの「ニア」で攻略した。

 富山第一は後半にもPKで加点。試合終了間際にもCKからDF前川泰聖がクロスバー直撃のヘディングシュートを放っている。徳島市立のGK中川は、相手のセットプレーについて、「ジャンプ力が高いし、研究されていて(前に)出られないシーンがあった」と振り返っていたが、相手の強みも消す形も含めて「武器」を準備し、発揮した富山第一が初のベスト4へ駒を進めた。

 富山第一は普段から、公式戦前日はセットプレーの練習に時間を割いているのだという。右足のプレースキックを担当するMF小森登生は、「昨日は練習の8割くらいの時間」をかけてCKやFK、ロングスローの準備をしてきたことを明かす。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年7月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら