ポグバへの人種差別投稿を受け…マンチェスター・UとTwitterが話し合いへ

ポグバへの人種差別投稿を受け…マンチェスター・UとTwitterが話し合いへ
 マンチェスター・UとTwitter社が、フランス代表MFポール・ポグバへの人種差別的投稿について話し合いを行うことがわかった。イギリスメディア『BBC』が21日に報じた。

 ポグバは、19日に行われたプレミアリーグ第2節のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦で、68分に自ら得たPKのキッカーを務めたが、相手GKルイ・パトリシオにセーブされて失敗。チームは1-1の引き分けに終わり、開幕2連勝を逃したことで、戦犯扱いされたポグバはSNS上で一部のサポーターから人種差別を受けていた。

 これを受けてTwitter社は声明を発表。「我々は常にパートナーたちとオープンで健全な対話をしてきましたが、我々のユーザーを守るためにさらなる対策が必要だということを理解しています。我々のプラットフォームにおいて人種差別的な投稿は決して認めておらず、それらを強く非難します」。さらに今後の対策について、マンチェスター・Uとイギリスの反人種差別団体『キック・イット・アウト』などと、今後数週間以内に話し合いを行う予定だという。

 ポグバへの人種差別を受けて、マンチェスター・Uは20日に「クラブの全員がポグバへの人種差別に嫌悪感を抱いており、そういった行為を強く非難しています。そのような意見を表明する人たちは、私たち素晴らしいクラブの価値を表していません。マンチェスター・Uはいかなる形の人種差別や差別を決して認めません」との声明を発表。「今回の件に関わった人物の特定を進め、最大限の厳しい措置を講じます。また、ソーシャルメディアの会社に、この件に関して対処してもらえるように働きかけていきます」と人種差別に対する断固たる姿勢を示していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年8月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。