フランス対アルバニアの一戦でファン激怒…試合前にアクシデント発生

フランス対アルバニアの一戦でファン激怒…試合前にアクシデント発生
 EURO2020予選のグループH第5節が7日に行われ、フランス代表がアルバニア代表をホームに迎えた一戦で、試合前にアクシデントが起こった。アメリカメディア『ESPN』が報じている。

 試合は、8分のキングスレイ・コマンの先制弾を皮切りに、フランス代表が4-1で快勝。4勝1敗でトルコ、アイスランドと勝ち点12で並び、得失点差でグループH首位を守っている。次節、フランス代表はアンドラ代表と、アルバニア代表はアイスランド代表と対戦する。

 この試合前にアクシデントが発生した。同メディアによると、アルバニアの国歌斉唱の際に、誤ってアンドラ国歌を流してしまったようだ。選手は困惑し、ファンにはどよめきや怒りのアピールが見られたようだ。

 さらには、すぐさまアナウンスでアルバニアの選手や関係者、ファンに謝罪したが、ここでもミス。「アルメニア国歌をリスペクトします」と発言してしまい、すぐにアルバニアと言い直したが、またもどよめきが起こり、ブーイングが発生したという。

 試合は一連の流れにより、10分ほど遅れて試合が開始された。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年9月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。