清水が名古屋との打ち合いを制して暫定9位浮上! C大阪は浦和に競り勝ち4連勝

清水が名古屋との打ち合いを制して暫定9位浮上! C大阪は浦和に競り勝ち4連勝
 2019明治安田生命J1リーグ第26節の2試合が13日に行われた。

 勝ち点2差で迎えた13位清水エスパルスと9位名古屋グランパスの一戦は、14分にアウェイの名古屋が宮原和也のヘディングシュートで先制。対する清水は25分に西澤健太が鮮やかなミドルシュートを決めて追い付き、前半は1-1で折り返した。

 後半に入り54分、清水はペナルティエリア手前右でこぼれ球に反応したエウシーニョがミドルシュートを放つと、河井陽介に当たってコースが変わったボールがゴール左に吸い込まれ、逆転に成功した。さらに直後の59分、カウンターから西澤がこの日2点目となるシュートをゴール右に流し込み、スコアは3-1となった。

 2点ビハインドの名古屋は75分、米本拓司の浮き球の縦パスにエリア手前の長谷川アーリアジャスールが反応。ヒールで合わせたボールがGKの逆を突く形でゴール右に決まり、1点差に詰め寄った。その後は名古屋が押し込む時間が続いたが同点ゴールは生まれず、逃げ切った清水が3-2で勝利を収めた。

【スコア】
清水エスパルス 3-2 名古屋グランパス

【得点者】
0-1 14分 宮原和也(名古屋)
1-1 25分 西澤健太(清水)
2-1 54分 河井陽介(清水)
3-1 59分 西澤健太(清水)
3-2 75分 長谷川アーリアジャスール(名古屋)
 

 6位セレッソ大阪と11位浦和レッズの一戦は、後半立ち上がりの47分にC大阪が先制。左サイドから丸橋祐介が折り返したボールをエリア右の松田陸がダイレクトでゴール左に流し込んだ。1点を追う浦和は60分、途中出場の荻原拓也がエリア内左で仕掛け、左足でシュート。右ポストに阻まれたボールを興梠慎三が押し込み、試合を振り出しに戻した。

 1-1で迎えた終盤の84分、C大阪は細かいパス交換で右サイドを崩すと、エリア手前の田中亜土夢がフリーでボールを受ける。ワンタッチから右足で狙いすました田中のシュートがゴール左上に決まり、勝ち越しゴールとなった。

 試合はこのまま2-1でタイムアップ。C大阪が4連勝を飾った一方、浦和は公式戦7試合白星なしとなった。

【スコア】
浦和レッズ 1-2 セレッソ大阪

【得点者】
0-1 47分 松田陸(C大阪)
1-1 60分 興梠慎三(浦和)
1-2 84分 田中亜土夢(C大阪)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年9月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「清水エスパルス + 北川航也」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 北川航也」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら