“レアなアタッカー”が挑むキャリア初のCL…本格派の仕掛人・伊東純也という男

“レアなアタッカー”が挑むキャリア初のCL…本格派の仕掛人・伊東純也という男
 遅れてきた男が一転、出世街道まっしぐら。ついにはチャンピオンズリーグ(CL)の大舞台に立つチャンスが転がり込んだ。

 ベルギー王者ヘンクで攻撃の一翼を担う伊東純也の勢いが、止まらない。

現代ではめずらしい“縦”への仕掛け

 ヨーロッパへ渡ったのは今年2月末。瞬く間に監督と仲間たちの信頼を勝ち取って、中盤の右サイドに収まった。そこから先は縦横無尽、神出鬼没の大暴れ。およそ3カ月半の短期間ながら、ヘンクの実に8年ぶりとなるリーグ制覇に貢献し、CLへの道が開けた格好だ。

 実力の成せる業だろう。だが、10代の頃から脚光を浴びるようなエリートだったわけではない。Jクラブのアカデミーとも無縁の大卒選手で、神奈川大学時代は2部でプレーしていた。いまから5年前のことである。

 まさに野に隠れた逸材。臥竜鳳雛とは、この人のことだろう。何でも早けりゃいい、というわけでもない。世に出る道筋もタイミングも人それぞれだ。ヴァンフォーレ甲府のスカウトに見出され、才能の片鱗を示したのち、柏レイソルで一気に頭角を現す流れこそ、現在の伊東を形づくる最適、かつ最短の道順だったか。急がば回れ。背伸びも、気後れもせず、自分のペースで歩を進めたからこそ開花する才能もある。あるいは大きな器ほど早くは完成しないとも言う。伊東の場合はどちらも当てはまるのかもしれないが。

 現代ではめずらしい本格派のウイングとして台頭したのも興味深い。いまや右利きの逸材なら、判で押したように左サイドを基点に仕掛ける時代である。なかでも、斜めに鋭く斬り込んでフィニッシュを狙うのがお約束だ。この手のタイプは日本でも量産態勢にある。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年9月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら