バルサの16歳FWファティがスペイン国籍を取得…現地複数メディアが報道

バルサの16歳FWファティがスペイン国籍を取得…現地複数メディアが報道
 バルセロナに所属するギニアビサウ人FWアンス・ファティが、スペイン国籍を取得した模様だ。スペイン紙『マルカ』やスペイン紙『アス』が20日に報じている。

 ファティはバルセロナ史上2番目となる16歳298日という若さでトップチームデビューを果たした。その後も、最年少ゴールやチャンピオンズリーグ最年少出場(いずれもクラブ記録)など、数々の記録を更新し続けている。

 U-17スペイン代表のダビド・ゴルド監督は、10月26日に開催されるFIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019に参加するチームの予備リストを25日までに提出する必要があり、ファティのスペイン国籍取得を急いでいると伝えられた。スペインサッカー協会(RFEF)は、ファティのスペイン国籍取得のための申請をスペイン政府に提出。今回の報道によると、スペイン政府がこの申請を承認した模様だ。

 そのため、ファティはスペイン代表としてFIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019に出場することが可能になったという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2019年9月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら