熱狂のベオグラード・ダービーで決勝点演出の浅野拓磨「怖さあった」

熱狂のベオグラード・ダービーで決勝点演出の浅野拓磨「怖さあった」
 今夏にパルチザンに移籍したFW浅野拓磨が初の“ベオグラード・ダービー”に挑んだ。22日にホームで行われたセルビア・スーペルリーガ第9節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦にフル出場。決勝点を演出して、熱狂のダービーマッチで2-0の勝利に貢献した。

 セルビアの首都ベオグラードに本拠地を構える国内2大クラブのプライドをかけたダービーマッチ。サポーターが暴徒化して逮捕者や負傷者を出すのが珍しくない熱狂的な一戦だ。

 試合の開始直前には、さっそくパルチザンのサポーターが発煙筒を焚き、相手サポーターに大量の煙を送って先制パンチ。試合中には両サポーターから終始、発炎筒や爆竹が投げ込まれ、試合が何度か一時中断することもあった。幾度となく鳴り響く爆発音には、初体験の浅野も「試合中にビクッとするので、あれはちょっとやめてほしいですけど」と苦笑いだった。

 試合は両チームの激しい攻防が続き、膠着状態のまま終盤に突入すると、82分に浅野が高い位置で相手の浮き球パスを頭でカット。こぼれ球を拾ったセイドゥバ・スマーからのパスは先に相手選手に触られたものの、素早くボールを取り返し、体勢を崩しながら粘ってつなぐ。これを再び受けたスマーがペナルティエリア手前から豪快にミドルシュートを叩き込み、パルチザンが均衡を破った。

 この時、スマーがアウェイ側に向かってゴールセレブレーションをしたことから相手サポーターの反感を買い、さらに両チームの選手が入り乱れての小競り合いにもなった。熱狂的なサポーターを目の当たりにした浅野は「激しかったですね。怖さはありました」と振り返った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 浅野拓磨 Instagram
  2. 浅野拓磨 ハノーファー
  3. 浅野拓磨 年俸
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年9月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「浅野拓磨 + 日本代表」のおすすめ記事

「浅野拓磨 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「浅野拓磨 + 年俸」のおすすめ記事

「浅野拓磨 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「南野拓実」のニュース

次に読みたい関連記事「南野拓実」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら