遠藤航に刺激を与えた同世代のライバル…苦境脱出へ、代表の“本職”でインパクトを

遠藤航に刺激を与えた同世代のライバル…苦境脱出へ、代表の“本職”でインパクトを
「これだけ出られない期間が長いのは、プロになって初めてですね。でも、僕の中では今までずっとうまくいってたという感覚ではない。色々な壁に当たりながら、克服して今があると思っているので。今回の出られない経験も1つの経験だし、自分の中でポジティブに取り組めばいつかチャンスが来ると思っている。そのチャンスをつかめるかどうか。そのためにいい準備ができるかどうか。それが大事だと思っています」

 9月からスタートした2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選。モンゴル、タジキスタンとの2連戦に向け、日本代表は7日から調整をスタートした。ドイツから帰国した遠藤航は初日から合流。ランニングでは毎回のように最前線を走り、リーダーシップと強い意気込みを前面に押し出している。

 8月末に移籍した新天地のシュトゥットガルトでは、現在まで公式戦出場はゼロ。それでも、日本代表では足掛け5年で20試合出場のキャリアがあり、ロシアW杯のメンバーに名を連ね、1月のアジアカップでも柴崎岳とともにボランチでコンビを組んだ。9月に行われた2次予選初戦・ミャンマー戦では橋本拳人がレギュラーを担ったが、このまま黙っているつもりはない。

「(9月の試合では)基本的には拳人がちょっと後ろ目で、岳がゲームを作るイメージでやっていましたね。拳人とは昔(年代別代表で)一緒にやっていて、もともとつぶせるのは知っていましたけど、タテに入れるところとかはすごいよくなっているなと。より攻撃にフォーカスしてやっているイメージを持ちました。僕もまたしっかりとレベルアップしていかないといけない。そんな刺激をもらいました」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。