DF不足のマンC、1月にベンフィカのR・ディアス獲得か…以前はマンUも関心

DF不足のマンC、1月にベンフィカのR・ディアス獲得か…以前はマンUも関心
 マンチェスター・Cはベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ディアスの獲得に関心を示している。11日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 今シーズン、マンチェスター・Cでは守備陣の負傷者が続出。現在、本職としてセンターバックでプレーできる選手はアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディのみとなっている。

 今夏の移籍市場でセンターバックの選手層が問題視されたが対策を取らなかった結果、ブラジル代表MFフェルナンジーニョなどが急遽穴を埋める形となっている。第8節のウルヴァーハンプトン戦では0-2で敗れるなど、守備面の改善が求められているのは明らかだ。

 同クラブはこの問題を解決するためにも1月にR・ディアスの獲得に動くという。以前はライバルであるマンチェスター・Uも動向を注視していた同選手の加入で、首位のリヴァプールに追いつくことができるのであろうか。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。