古巣の川崎Fに真っ向勝負を挑んだ札幌・福森…「『絶対に決まってくれ』という思いしかなかった」

古巣の川崎Fに真っ向勝負を挑んだ札幌・福森…「『絶対に決まってくれ』という思いしかなかった」
 2019 JリーグYBCルヴァンカップ決勝が26日、埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌との壮絶な打ち合いを制し、PK戦の末に勝利。初のルヴァンカップを掲げた。

 下馬評では川崎Fが優位だった。それでもリーグ連覇を成し遂げたビッグクラブを相手に怯むことなく、真っ向勝負を仕掛けた。「ポジティブに捉えると、川崎相手にも得点が取れたし、PK戦で負けたけど、しっかりと戦えるところは見せられたかなと思います」。この日、ケガで欠場となった宮澤裕樹に代わり、キャプテンマークを巻いた福森晃斗が胸を張った。

 流れは良かった。開始10分に菅大輝が右足を振り抜いて先制点を奪うと、距離感を保った守備網が川崎Fの攻撃をしっかりと食い止める。しかし前半終了間際に同点に追い付かれると、88分には途中出場の小林悠に逆転弾を許してしまった。敗戦濃厚となった後半のラストワンプレー。

「『絶対に決まってくれ』という思いしかなかった」

 キッカーの福森が「入る人と、入るところは決まっていた」と明かした約束の場所へボールを入れる。そこに頭で合わせたのが、深井一希だった。土壇場で札幌が同点に追い付き延長戦へもつれ込むと、延長前半の99分に福森にとってこの日最大の見せ場が訪れる。

「自分が狙いたいところに山村(和也)選手だったり(背の)高い選手がいたので、ファーサイドに蹴ろうかなと思った時にポストの延長線上に立っていたのが長谷川(竜也)選手と大島(僚太)選手だった。だったらスピードのあるボールでそっちに蹴れば、壁を越せるかなと思った」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。