バイエルン戦前半交代のサンチョ、独誌が不安定さ指摘「大物気取りのようなプレー」

バイエルン戦前半交代のサンチョ、独誌が不安定さ指摘「大物気取りのようなプレー」
 ドイツ頂上決戦のバイエルン対ドルトムント戦で、前半のうちに姿を消したイングランド代表FWジェイドン・サンチョ。昨シーズンにブレイクした新星の不安定さをドイツ誌『kicker』が指摘している。同誌の日本語版が13日に伝えた。

 ドルトムントに所属するサンチョは、9日に行われたブンデスリーガ第11節のバイエルン戦(0-4で敗戦)に先発出場したが、前半の36分に交代を告げられてピッチを後にした。『kicker』誌はサンチョのパフォーマンスを次のように記している。

「本来ならば、バイエルンの左サイドの若手(アルフォンソ・)デイヴィスにプレッシャーをかけて、ミスを誘発させることを期待されていたが、見られたのはむしろ逆の姿であり、守備面ではデイヴィスや(トーマス・)ミュラーに侵入を許し、(ジョシュア・)キミッヒとの対人戦では無気力さが見て取れるなど、まるで大物気取りのようなプレーを露呈。36分での交代はやむなしといったところだ」

 4日前のチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節インテル戦で負傷を抱えていたことは伝えられていたが、バイエルン戦での交代についてルシアン・ファヴレ監督は「単純に良くなかった」と説明した。

 昨シーズンにはブンデスリーガで34試合に出場して、12ゴール17アシストという圧倒的な数字をマーク。当時18歳でイングランド代表デビューも飾り、10代ながらトッププレイヤーの仲間入りを果たした。
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年11月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。