本来いるべき場所へ…J1昇格&J2優勝の柏が進むべき道を突き進んだ先に得た歓喜

本来いるべき場所へ…J1昇格&J2優勝の柏が進むべき道を突き進んだ先に得た歓喜
 歓喜の瞬間が訪れた。明治安田生命J2リーグ第41節、柏レイソルFC町田ゼルビアを3−0で下し、始動時からチームが掲げていた「J2を優勝して1年でJ1に復帰する」という目標を達成した。

“昇格候補筆頭”。それが開幕前の柏に与えられた称号だった。伊東純也、中山雄太の海外移籍こそあったものの、主力選手の大半はチームに残り、さらにかつて柏に数多くのタイトルをもたらしたネルシーニョ監督が5年ぶりに復帰を果たした。他を圧倒する戦力を経験豊富な名将が指揮するとなれば、J2では頭一つ抜けた存在として扱われるのは当然だろう。

 だがシーズン序盤戦、その高い前評判とは裏腹に、柏はJ2の戦いに苦しめられることになる。

 不振の原因の一つは、ロングボールを前線に送り込むだけの単調な攻撃がばかりが目立ち、極度の得点力不足に陥ったことにある。ではなぜ、クリスティアーノ、オルンガ、江坂任、瀬川祐輔といったタレントを擁しながらも攻撃が機能しなかったのか。それはネルシーニョ監督の要求に対する選手たちの戦術の捉え方にズレが生じていたからだ。得点力不足に陥り、プレーオフ圏外に順位を落としていたシーズン序盤戦、ネルシーニョ監督のサッカーを熟知している大谷秀和はチームの課題を次のように指摘している。

「ビルドアップの時に、相手に狙われている危ない状況でパスをつなごうとするから監督に強く指摘されるのであって、そこで選手が全部蹴ったほうがいいと思ってしまったら攻撃にならない。監督が『蹴れ』と言っているのは、相手が来ているところに(パスを)出して奪われるからであって、監督は『そういう時はリスクを冒さずに蹴れ』と言っている。逆に『相手が来ていないならつなげ』と言っているのだから、なんでも蹴るのでなくて、もっと選手一人ひとりが自分の中で考えてプレーに反映させなければいけない。監督は決して選手のプレーを制限しているわけではなく、言い方が強い分、受け取る選手が極端に受け止めてしまう部分がある。チームとしてもっともっと考えて、選手が自分のできるプレーを思い切ってピッチの中で表現していい」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 柏レイソル 移籍
  2. 柏レイソル 降格
サッカーキングの記事をもっと見る 2019年11月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「柏レイソル + 移籍」のおすすめ記事

「柏レイソル + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「柏レイソル + 降格」のおすすめ記事

「柏レイソル + 降格」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。