象徴的な優勝カップ、ビッグイヤー

象徴的な優勝カップ、ビッグイヤー
 欧州の強豪がすべてをかけて手に入れようと競うUEFAチャンピオンズリーグトロフィーは、「ビッグイヤー」と呼ばれる。大きな取っ手が耳の形に似ていることから付いた愛称だ。

 ベルンの鋳物職人ユルグ・シュタデルマンが1966年に製作したこのトロフィーを初めて掲げたチームは、翌年に優勝したセルティックだった。シルバー製のトロフィーは、高さ73.5センチ、重さ8.5キロ。選手は軽々と持ち上げているように見えるが、実際はかなり重い。表には「欧州クラブチャンピオンのカップ」との文字がフランス語で記されており、裏側には各シーズンの優勝チーム名と優勝年が掘り込まれていく。

 決勝の勝者が決まった瞬間から式典までの数分間、職人が優勝チームの名をビッグイヤーに刻む映像が全世界に流される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2011年12月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら