選手招集を懸念もヴェンゲル監督がギグスの五輪出場を望む

選手招集を懸念もヴェンゲル監督がギグスの五輪出場を望む
 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、2012年ロンドン・オリンピックのイギリス代表に多くの選手が招集される可能性に懸念を示した。『ESPN』が報じている。

 ヴェンゲル監督は、ロンドン・オリンピックでイギリス代表チームが結成された場合に、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーやFWテオ・ウォル コット、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーらが招集を受ける可能性を指摘。オリンピックの期間がチャンピオンズリーグの予選と時期が重なることを「クラブと代表チームの間で利害の対立が出てくるだろう」と懸念している。

 ヴェンゲル監督は「もしイギリス代表がオリンピックで好成績を残せるのならいいことだとは思う」と、選手の招集に一定の理解を示すと同時に、「我々は選手の招集で賢明な解決方法を見つけなければならない」とコメント。クラブと代表の両者で妥協点を探っていく必要があるという見解を示した。

 また、イギリス代表が結成された場合は、マンチェスター・Uの元ウェールズ代表MFライアン・ギグスの勇姿を見てみたいという希望も明かしている。

「ギグスがプレーしたら嬉しいよ。彼がマンチェスター・ユナイテッドでプレーしているからではなく、ギグスはこれまでにトップレベルの国際大会でプレーするチャンスに恵まれてこなかったからね。だから彼にとって素晴らしいことになると思うし、彼はまだまだプレーするには十分だからね」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2011年10月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。