ボルトンのムアンバ、自発呼吸を再開し家族の呼びかけに応答

ボルトンのムアンバ、自発呼吸を再開し家族の呼びかけに応答
 ボルトンに所属するMFファブリス・ムアンバは、ロンドンチェスト病院の集中治療室で徐々に回復の兆しを見せている。クラブが公式HPで近況を伝えた。

 ムアンバは17日に行われたFAカップ準々決勝のトッテナム戦でピッチに倒れて以来、予断を許さない状況が続いている。しかし19日夜の段階では回復の兆しを見せ、人工呼吸器をつけずに自発呼吸が可能な状態になっているという。また、家族を認識し、質問にも答えている。これらの変化は「すべて肯定的な兆候」だと伝えている。

 とはいえ、まだムアンバは深刻な状態を脱しておらず、集中治療室での治療が続けられるとのことだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年3月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。