ヴェンゲルが教え子ムアンバへエール「もう一度彼の笑顔を見たい」

ヴェンゲルが教え子ムアンバへエール「もう一度彼の笑顔を見たい」
 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、17日に行われたFAカップ準々決勝トッテナム戦の試合中に倒れ、危篤状態となっているボルトンMFファブリス・ムアンバへエールを送った。クラブの公式HPが伝えている。

「今回のことはアーセナルのメンバーにとっても大きなショックだった。我々はムアンバが無事にこの状況を乗り越え、健康な姿で戻ってくることを祈っている。そして、また彼の笑顔を見ること、それが我々の望む全てだ」

「アーセナルの全員がムアンバを尊敬している。ここを去った後もよく話をしていたし、彼にはとても深い愛情を持っている。我々は、ムアンバと彼の家族のことを思っているし、全員が彼のそばにいる」

 ムアンバは2002年にアーセナルのユースへと加入し、2005年にプロ契約を締結。2006年にバーミンガムへと移籍(2006-2007シーズンはレンタル、2007-2008シーズンから完全移籍)するまで、ヴェンゲルの下でプレーしていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年3月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。