マンUベルバトフの移籍先はミランが有力か…代理人が明かす

マンUベルバトフの移籍先はミランが有力か…代理人が明かす
 マンチェスター・Uからの退団を志願している元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフの有力な移籍先として、ミランが浮上している。『スカイスポーツ』が伝えた。

 ベルバトフの代理人を務めるエミール・ダンチェフ氏が、「彼はマンチェスター・Uをいつでも去れる。最も可能性が高いのはイタリアだ。彼はイタリアのサッカーを愛している」と語り、イタリアへの移籍を示唆している。

 さらに、「ミランとユヴェントスがストライカーを探しているのは知っている。両方ともビッグクラブだ。多くは言えないが、ベルバトフはミランが好きだし、赤と黒が似合いそうだ。クラブも彼を高く評価している。マンチェスター・Uと交渉する必要があるけどね」と続け、移籍先としてミランを有力視していることを明かした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年7月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。