八百長疑惑を抱えるイタリア、指揮官はユーロ辞退も視野に「必要ならば…」

八百長疑惑を抱えるイタリア、指揮官はユーロ辞退も視野に「必要ならば…」
 ユーロ2012の開幕を前に、現在イタリア国内では大規模な八百長事件の捜査が行われている。イタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督が八百長スキャンダルに触れ、以下のように語った。イタリア紙『 ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

「必要になればユーロへの参加をやめるよ。イタリアがユーロでプレーしないことがサッカーのためになると言うのであれば、問題ない。人生にはもっと大切なものがある。スキャンダルに関わった人間をチームに加えないことは、私は繰り返し言ってきた」

 捜査対象と報じられていながら登録メンバーに入ったDFレオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)についても言及し、「現時点では、彼が捜査の対象になっているという正式な通知はない。かん口令を敷く? いや、それは誠実に仕事をしている人への正しい態度だとは思わない。もう一度言うが、我々がユーロでプレーするべきじゃないと決定されるなら、それは問題ない」と語っている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年6月2日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。