先制点アシストの香川が今季4度目のベスト11…独紙は最高評価

先制点アシストの香川が今季4度目のベスト11…独紙は最高評価
 22日に行われたブンデスリーガ第18節のハンブルガーSV戦で、先制点をアシストするなど5-1の大勝に大きく貢献した日本代表MF香川真司が、ドイツ誌『キッカー』の今節のベストイレブンに選出された。

 同誌は香川を「1.5」(1が最高点、6が最低点)と採点し、ともに2得点をマークしたロベルト・レヴァンドフスキ、ヤクブ・ブラスチコフスキのポーランド代表コンビの「1」に次ぐ評価を受けている。なお、マン・オブ・ザ・マッチにはレヴァンドフスキが選出されている。

 また、同誌は今節のベストイレブンに香川を選出。これで香川は今シーズン4度目の選出となった。その他には同僚のレヴァンドフスキ、ブラスチコフスキが名を連ねており、バイエルンを破ったボルシアMGからはマルコ・ロイスら6選手が選出されている。

 なお、ドイツ紙『ビルト』はレヴァンドフスキ、ブラスチコフスキ、スヴェン・ベンダーとともに香川を「1」と採点し、最高点を与えている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年1月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら