名古屋が柏をPK戦の末に下し、準々決勝進出/天皇杯

 第91回天皇杯全日本サッカー選手権4回戦の残り1試合、名古屋対柏の一戦が21日に行われた。

 今季のJリーグで最終節まで優勝を争った2チームの対戦は、42分にレアンドロ・ドミンゲスのゴールで柏が先制に成功。1-0のまま前半を折り返すと、66分にも工藤壮人が追加点を奪取し、柏がリードを2点に広げる。

 しかし、窮地に追い込まれた名古屋がここから意地を見せる。76分に、後半から投入された永井謙佑が得点し1点差に詰め寄ると、87分には、増川隆洋が起死回生の同点ゴール。名古屋が、試合終了間際に2-2の同点に追いついている。

 延長突入後の96分には、永井謙佑がこの日2点目を決め、ついに名古屋が試合を引っ繰り返すことに成功。そのまま名古屋の勝利かと思われたが、逆転を喫した柏も115分にレアンドロ・ドミンゲスが同点ゴールを挙げる。

 結局、3-3と点の取り合いとなった勝負は、PK戦に突入。9-8で制した名古屋が、24日の準々決勝に進出している。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2011年12月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら