ドローに反省しきりの梶山「もったいないゲーム」/ACL

 20日にAFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節が行われ、グループFのFC東京はホームで蔚山現代(韓国)と対戦し、2-2で引き分けた。

 以下、FC東京MF梶山陽平のコメント。

「(失点は)裏を簡単に取られてしまった。もったいないゲーム。たくさんの人が応援してくれていたので、勝ち点3を取りたかったが、最低限の(勝ち点)1は取れた」

「この試合を反省して、次につなげたい。前半の立ち上がりから自分たちのペースで自信を持ってやらなければならないし、簡単な長いボールで2失点したのは反省したい」

「長い戦いが続くと思うので、1試合1試合を大事に戦って、上へと行けるようにしたい」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年3月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。