スペイン紙がバルサ下部組織の久保建英君に注目「日本のメッシ」

 9月に日本人として初めてバルセロナの下部組織に加入した久保建英君が、スペイン・メディアの注目を集めている。

 スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』電子版は、「日本のメッシ」として、写真付きで11歳の久保君を報道。現在はバルセロナ下部組織のアレビンCに所属し、7人制サッカーの3-2-1システムの1トップを務めていると紹介されている。

 また、同紙は久保君がバルセロナに入るまでの経緯を説明し、「彼は知的で試合の流れを読むことができ、加えて得点感覚にも優れている」と称賛。さらには、「スペインに来て2カ月でスペイン語を流暢に話し、クラブやバルセロナの町に完璧になじんでいる」とし、「ラ・マシア(選手寮)では、人気者の一人になっている」と伝えている。

 川崎の下部組織に所属していた久保君は、2009年に横浜で開催されたバルセロナキャンプでMVPを獲得。その後のヨーロッパ遠征でも大会MVPに輝き、今年の4月にはバルセロナの入団テストに合格していた。

 バルセロナでは、13歳未満のカタルーニャ出身以外の選手とは契約しない方針を採っているが、久保君は特例でバルサ下部組織への加入が認められている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
サッカーキングの記事をもっと見る 2011年11月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュース

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。