スペインU-23代表のFWクエンカが全治4カ月…日本と同組の五輪は欠場

スペインU-23代表のFWクエンカが全治4カ月…日本と同組の五輪は欠場
 バルセロナは、U-23スペイン代表FWイサーク・クエンカが5月31日に右ひざ外側半月板の関節鏡手術を受けたとクラブの公式HPで発表した。

 発表によると、全治には3、4カ月かかる見込みとなり、7月に開幕するロンドン・オリンピックの欠場が決まったと伝えた。

 また、執刀したラモン・クガット、リカルド・プルーナ両医師は、術後に「8月には全体練習に復帰できるだろう」と復帰時期について語った。

 クエンカは今シーズンのリーグ戦で16試合に出場して、2得点を記録。なお、U-23スペイン代表は、ロンドン・オリンピックでU-23日本代表とグループDで同組となっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年6月2日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。