厳しい就職活動を乗り越えようやく入社したにも関わらず、早期転職や退職が話題になっています。その理由や背景はさまざまですが、中には全く予想のつかない理由で会社を去る人もいるようです

外資系企業に入社した“期待のバイリンガル社員”が早々に退職し...の画像はこちら >>

※画像はイメージです

「辞めそうな雰囲気なんてなかったのに…」と語るのは、新興の外資系商社に勤務する金子さん(仮名・32歳)。最近、期待の新人が突然辞表を出したそうです。一体何があったのでしょうか。

バイリンガルでイケメンの新人



 某有名私立大学の法学部出身で、大学時代は陸上部に所属していたという村岡くん(仮名・23歳)。身長は182センチで、英語と日本語のバイリンガルなイケメンだそうです。

「後輩の女性社員に質問されたんです。『村岡くんはどの部署に配属されるのですか?』と。
『君の後輩になるんですよ』と答えると、目を丸くして喜んでいました。聞くところによると、誰がリークしたのかは分かりませんが、村岡くんのことは多くの女性社員に知れ渡っていて、連日彼の話題で持ちきりだったそうです」

 女性だけではなく、男性社員からも注目を浴びている村岡くん。すでに先輩社員からいろいろと飲みの誘いがあったそうで、彼の人当たりの良さが高評価を得ていたとのこと。

気になり出した彼の言動



 周囲が大絶賛していた村岡くんですが、オフィスでの彼を見ていて少し気になる点もあったそうです。

「実は少しびっくりしたことがありました。その日、新人たちはリモートで仕事をしていたのですが、午前中に僕が村岡くん宛に送ったメールの返信が、午後に返されたんです。特に気には留めていなかったのですが、夕方近くに彼は会社までわざわざ出社してきて、メールの返信が遅れたことを私に謝罪しました
その行動に少し違和感を感じたことを覚えています」

 ただ、村岡くんの気になる行動は、他のスタッフの間でも見受けられたそうです。

「新人も出席する全体プロジェクトミーティングで、各々が考えたプロジェクトプランを発表する場があり、村岡くんは少し時間をオーバーして発言したため、あとの同期にしわ寄せが生じたことがありました。ほんの数分だったので特に問題はなかったのですが、村岡くんはそのことをとても気にしてしまい、その後、しわ寄せを受けた同期の前で土下座して謝罪したそうなんです。その話を聞いたときは、正直言って普通の感覚ではないと感じました」

カウンセリングを受けた結果



 気になった金子さんは、村岡くんのような行動をとる人についてネットでいろいろ調べたそうです。その結果、少し不安材料が散見されたので、一度カウンセリングを受けるように指示したそうです。

たぶん彼は繊細な心の持ち主なんだと思います。でも、それが原因で彼にはよくないことが起きていると思います。
しばらくしてカウンセラーから金子さん宛に結果が届きました。どうやら村岡くんは、必要以上に周囲を意識してしまう、いわゆるHSP気質なのだそうです」

 後日、金子さんは村岡くんと面談し、カウンセリングの結果をかいつまんで説明したといいます。

「カウンセリングを受けて以降、彼は少し元気がない様子でした。たぶん、なんとなく状況を案じていたようですが、私は『繊細さがネックになっているから私生活で損をしている』と告げました。村岡くんは素直に首を縦に振り、ひととおりの話を終えた後その日は退社しました」

彼が自ら考えて選んだ道



外資系企業に入社した“期待のバイリンガル社員”が早々に退職したワケ「数分の時間オーバーで同期に土下座して…」
新入社員

※画像はイメージです

 その後、リフレッシュしてもらえたらという思いで、村岡くんに3日ほどの休暇を与えた金子さん。しかし、休暇を終えた村岡くんの姿は意外なものだったといいます。


「休憩できてスッキリしてくれたらって思ったのですが、それとは裏腹に、驚くほど覇気がなくなっていたんです。それだけではなく、その場で丁寧に辞表を手渡され『ありがとうございました』と一礼をして会社を後にしました。まさか退社するとは思っていなかったので、急な彼の行動に正直驚きました」

 辞表の封筒に入っていたメモには「実は中学時代に同じようなことがあり、その時もカウンセリングを受けていた」と書かれていたそうです。

そのメモを見て、とても複雑な思いになりましたが、彼の決断は尊重したいです。私も今回の件で得た経験を無駄にしないよう、部下との向き合い方に生かそうと思います」

<TEXT/ベルクちゃん>

―[すぐに辞めた新入社員]―

【ベルクちゃん】
愛犬ベルクちゃんと暮らすアラサー派遣社員兼業ライターです。趣味は絵を描くことと、愛犬と行く温泉旅行。
将来の夢はペットホテル経営