「死ぬまで働く」が現実的になった現在。流されるように再雇用に頼るのではなく、もっと貪欲に稼ぎ方を探ったほうがいい。
そして、実は60代からが最も“自由に”働ける年でもあるのだ。定年後を充実させる働き方を伝授しよう!

ホームレス生活から小説家へ

「61歳ホームレス」から小説家になった男の人生。“社長からの...の画像はこちら >>
何歳になっても人生は変えられる――それを体現したのが、作家の赤松利市氏だ。61歳時には住所不定のホームレス生活だった彼だが、漫画喫茶で書き上げた小説が賞を取り、62歳にして作家デビュー。67歳の現在も作家生活を送っている。

「バブル期には120人の社員を雇う社長でしたが、会社が倒産してからは苦しい生活でしたね。東日本大震災が起こった後に宮城県や福島県で復興ビジネスに取り組みましたが、やっていたのはヤクザが仕切っている下っ端の土木作業や除染作業。それで、逃げるように上京したんです」

そこからは風俗店の呼び込みといった日銭稼ぎをしながら漫画喫茶に寝泊まりする生活がスタート。
通いすぎて会員カードはゴールドになった。

人生を一変させた出来事

しかし、そんな日々の中で書いた小説が人生を一変させた。「小説を書こうと思ったことなんてそれまで一度もなかった」と言う赤松氏だが、どんな心境の変化があったのか。

「ある日ふと、『自分の人生、これで終わるのかな』と思ったときに急に小説が書きたくなったんですよ。あとは、高校時代には年間3000冊も本を読むくらい、とにかく昔から読書をしまくっていたのでその影響なんでしょうね」

“寅さん”のように放浪の旅に出たい

「61歳ホームレス」から小説家になった男の人生。“社長からの転落”を経て、賞を取るまで
[60歳から稼ぐ]最強の働き方
そうして書き上げた作品『藻屑蟹』が、第1回大藪春彦新人賞を受賞した。とはいえ受賞しただけでは食えず、「’20年までは漫画喫茶生活を送っていた」という。

「でも新型コロナが流行し始めて『このまま漫画喫茶で生活するのは危ないな』と感じて部屋を借り、ようやくホームレスから脱しました」

現在、赤松氏の仕事部屋はこざっぱりと整理されており、小説家だというのに本棚すらない。「いつも身ひとつでいたい」のだという。


「いずれはカバンひとつ持って“寅さん”みたいに放浪の旅に出たいんですよね。まあ、物がなくたって、ホームレス時代と比べたら小説を書いて暮らせるだけで幸せです」

健康で働けている秘訣は早寝早起き

現在は毎日12時間ほどを執筆に充てているという。

「よく、『筆が早い』と言われるのですが、書いている時間が長いだけです。60代になっても健康で働けている秘訣は早寝早起きですかね。毎朝2時か3時には起きて5時頃から執筆を始めます。それと将来を心配しすぎないこと。
貯金はほとんどありませんが、あまり先のことを考えても仕方がないよなって。何歳になっても人生は予想外の方向に変わっていくし、自分も小説を書く際にプロット(あらすじ)は作らず、登場人物のキャラクターだけ固めて、あとはラストがどうなるか自分でもわかっていません」

人生も小説も予想外の方向に進むからこそ面白いのだ。

「61歳ホームレス」から小説家になった男の人生。“社長からの転落”を経て、賞を取るまで
[60歳から稼ぐ]最強の働き方
【作家 赤松利市氏】
1956年、香川県生まれ。著書に大藪春彦新人賞を受賞した『藻屑蟹』(徳間書店)、大藪春彦賞を受賞した『犬』(徳間書店)など

取材・文/週刊SPA!編集部

―[[60歳から稼ぐ]最強の働き方]―