「母親はまだ、ホストの仕事を認めていません」
 歌舞伎町のホストクラブ「Top dandy 1st」に所属するDr.ななとさん(26歳・@nanasexnanato)は源氏名の通り医者として働いていたが、家族の猛反対を受けながらもホストの道を選んだ。ななとさんはなぜ、社会的地位の高い医者という仕事を捨て、夜の世界に居場所を求めたのだろうか。


“元医者”のホストが歌舞伎町を選んだ理由「自分らしさが出せな...の画像はこちら >>

私大医学部に合格も「経済格差」に劣等感を抱える

 ななとさんは勉強に厳しい両親の下、難関国公立大学・医学部への合格者を多数輩出するトップレベルの高校に進学した。例に漏れずななとさんも医学部を志したのは、通学中に起きたある出来事がきっかけだった。

電車の中で目の前の人が倒れたとき、たまたま居合わせたお医者さんが迅速に初期対応していました。それまで勉強する意義を見いだせなかったのですが、その人を見て、自分の学びを人のために生かせる人になりたいと思ったんです」

 進学校の中で成績はイマイチだったが、負けず嫌いな性格もあいまって、毎日10時間以上勉強し、高校3年の受験期には学年30位以内まで成績を伸ばした。その結果、現役で私立の医学部に合格することができた。

「受かったのはうれしかったですが、入学後、他の生徒との経済格差に劣等感を覚えました。私立の医学部に入学する人の大半は金持ちで、アルバイトはしないか、“社会経験”として少しだけやっている人がほとんどでした。
しかし、僕の家庭はそこまで裕福ではなかったので、働きながら奨学金を返さなければなりませんでした

 そこで始めたのがホストだった。

現役東大生ホストから勧誘されてホストに

“元医者”のホストが歌舞伎町を選んだ理由「自分らしさが出せない環境が合わなかった」
高校や家庭は「勉強ができないと周囲に認められない環境だった」という
 東大に通っている友人が歌舞伎町のホストクラブでホストのアルバイトをしており、彼から「絶対に向いているから」と勧誘を受けた。

「彼の接客を見ていると、ホストは分析したり戦略を立てたりなど、考える能力が必要だと分かりました。頭を使うことは好きだったので、自分にもできるかもしれないと思い、友人と同じ店に入店しました。それに、平均賃金くらいのアルバイト代で医学部の奨学金を返すのはかなり大変です。高時給であることも、ホストを始める理由の1つでした

歌舞伎町は「偏差値や学歴なんて誰も気にしていない」

“元医者”のホストが歌舞伎町を選んだ理由「自分らしさが出せない環境が合わなかった」
医師国家試験の勉強に励む医学生時代のななとさん
 まずは指名をもらうため、午前中から夕方まで大学の講義に出席したあと、週4~5日の頻度でホストクラブに出勤した。大学ではTwitter(現X)やInstagramのオープンな利用が禁止されていたため、勉強の合間に、鍵アカウントでお客さんとやりとりし、仲を深めていった。指名が増え、収入も上がっていくにつれて、「自分は医者は向いていないだろう」と、思うようになったという。


「ホストになっていろんな人と出会って初めて、“親から勉強する環境を与えられること”が当たり前ではないことを知りました。同時に、“勉強以外の世界があること”も知りました。歌舞伎町にはさまざまなバックグラウンドを持つ人がいて、偏差値や学歴なんて誰も気にしていない。個性を受け入れてくれる場所だから、僕も自分らしくいられました」

 それでも、「せっかく医学部に入れたのだから」と自分の気持ちに蓋をして勉強に励み、医師国家試験を受けて無事に合格。ホストは辞め、研修医として働き始めた。

「医者を辞める」と言ったら両親は大反対

“元医者”のホストが歌舞伎町を選んだ理由「自分らしさが出せない環境が合わなかった」
研修医時代のななとさん。82歳の患者さんから連絡先を渡されたことも(本人提供)
研修医として働き始めて2カ月経ったころには、辞めたいと思うようになりました。週6日、毎日10時間ほど働き、合間に上司のカンファレンスに出席する、というハードな業務だけでなく、自分らしさが出せない日々にもストレスを感じていました。
医者は患者に不安や不信感を与えないよう、個性はいらないと指導されます。ホストとは真逆の労働環境が、僕にはどうしても合いませんでした

 研修医になって半年、ななとさんの心は限界だった。

「両親に『医者を辞めて本格的にホストとして働きたい』と伝えたら、猛反対を受けました。何度も説得して父はしぶしぶ了承してくれましたが、父より教育熱心だった母はいまだに僕の選択を許していません

 ホストに復帰した2023年、SNSに元医者であることを公表したところ、ななとさんの元には驚きの声とともに、批判的な意見も届いた。

『社会のクズになった』『立派な職業から底辺に落ちるなんて』などのひどい言葉を受けました。でも、そう言いたくなる気持ちは僕も分かるんです。
医学生時代、退学したり医師の道を諦めたりする同級生を見て、同じような感情を持ちました。『自分はこんなに頑張っているのに、なんで逃げるんだろう』と、憤りを感じていました。でも今は、医者になることがすべてではないと思っています。人生の選択肢はたくさんあって、医学部を出て医者を選ぶ人もいればそうでない人もいる。ただ、それだけなんですよね。私立の医学部でアルバイトをしていたときの劣等感や研修医時代の辛さを乗り越えてきたからこそ、厳しい意見も寛容に受け止められるようになりました

「元医者ホスト」の肩書きでSNSで大ウケ。
今後は…

“元医者”のホストが歌舞伎町を選んだ理由「自分らしさが出せない環境が合わなかった」
色恋営業はすぐに飽きられる。相手が「何を求めているか」を瞬時に見極めて接客している
 一方、「元医者ホスト」という個性的な肩書きに注目が集まったことで、Xのフォロワーは4カ月で2000人以上増えた。過去に、1カ月で1300万円を売り上げたこともある。しかし業界全体の売り上げは、売掛金問題によって2023年12月ごろから目に見えて落ちているという。さらに外販と呼ばれる客引きにも規制が入ったため、新規客も激減した。

「そこで多くのホストはより、SNSに力を入れるようになりました。僕の場合は肩書きがバズって、X経由で新規のお客さんが来店することもあります。
ただ必ずしも、『認知される=集客できる』わけでもありません。自分の知名度や影響力をどうすれば最大限生かせるのか、ビジネス書を読んで勉強中です

 将来は元医者ホストという肩書きを生かし、美容クリニックの経営に挑戦してみたいというななとさん。

ホストという職業に出合ったことで“個性の磨き方”を学び、医師を目指したことで“努力の仕方”を学びました。今までのキャリアをうまく利用しながら、自分らしい働き方を模索していきたいです」

 医者になるまで、血をにじむような努力を続けてきたななとさん。コツコツ真面目に向き合うことで結果が付いてくる、という成功体験を自信に、ナンバー1ホストを目指す。

<取材・文/橋本岬 撮影/藤本篤史>

【橋本 岬】
IT企業の広報兼フリーライター。元レースクイーン。よく書くテーマはキャリアや女性の働き方など。好きなお酒はレモンサワーです