老後の貯金はいくら必要? 65歳までに貯めるべき額は意外と少なかった

老後の貯金はいくら必要? 65歳までに貯めるべき額は意外と少なかった
 平均寿命は4年連続過去最高を更新し「人生100年時代」といわれる一方で、年金制度はいつ破綻するかわからない昨今。もはや定年後も働くのは当然、死ぬまで働き続けるしかない時代の生き抜き方とは?

◆年金月20万超なら、65歳の貯金1000万でいける

 一般的に必要な老後資金は3000万円といわれているが、実際に貯金できている人はごく一部しかいない。だからといって老後の貯金ゼロではさすがに生活が不安だ。そこで、現在の日本人の貯金事情なども鑑みて、65歳までに必要な貯金は「1000万円がひとつの目安になる」と指摘するのはファイナンシャル・プランナーの畠中雅子氏。

「いくら貯金が必要かは、年間の赤字額によって決まります。65歳以降30年間生きると仮定すると、貯金が1000万円であれば年間の赤字額を20万~30万円に抑えることが必要になってきます」

 65歳以降の月々の支出と収入のモデルケースを見ていこう。

「65歳以降の夫婦の生活費は最低月20万~25万円程度とされているので、そこに固定資産税や自動車税、冠婚葬祭費などの特別支出が加わってきます。一方の年金については、夫の生涯平均年収が600万円で厚生年金と国民年金を受給、妻が国民年金を受給、というパターンであれば月額は20万円を超えます」

《月々の年金額が22万円の65歳夫婦の例》

●収入 年324万円

年金 月22万円…年264万円

パート 月5万円…年60万円

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。