卓球で1億円稼げる時代に!? 「Tリーグ」の可能性をチェアマンが熱く語る

卓球で1億円稼げる時代に!? 「Tリーグ」の可能性をチェアマンが熱く語る
松下浩二
 かつてサッカーJリーグ元年の’93年、開幕試合の準備に東奔西走していた川淵三郎チェアマン(当時)は、こんなセリフを言えただろうか。

「我々はすでにドイツのブンデスリーガを超えている」

 卓球Tリーグ開幕戦の実施までいよいよ大詰めを迎えた頃、同リーグの松下浩二チェアマンは、取材に胸を張ってそう語った。すでに半世紀以上の歴史を刻むドイツのプロ卓球リーグを、まだ始まってもいない日本のTリーグが超えているとはどういうことか。’97年に当時の世界最高峰だったブンデスリーガに日本人選手として初めて参戦して以来、日本と世界の卓球を見続けてきた男に、今の胸の内を聞いた。

◆ラケット1本で億を稼げる選手を育てたい

――Tリーグの構想はいつから始まりましたか。

松下:’08年北京五輪に福原愛選手や水谷隼選手が出場して、メダル獲得を期待されていましたが、男子は5位で女子は4位とメダルを逃してしまいました。この結果に卓球関係者は悔しい思いをしたのです。これを受けて、日本卓球協会の常務理事会で「日本卓球界が強くなるためには、プロリーグが必要では」という議論が起きたんです。’10年3月には本格的にプロジェクトチームが立ち上がり、今に至りますので8年近い時間をかけて開幕にこぎつけたわけです。

――世界の卓球リーグはほとんどがプロリーグだと聞きます。

松下:卓球が強い国の中でプロリーグがないのは日本だけです。ドイツのブンデスリーガは’60年発足ですし、ヨーロッパではほとんどの国にプロ卓球リーグがあります。中国では’00年にスーパーリーグができましたし、韓国は実業団リーグですが実態としてはプロです。...続きを読む

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る 2018年9月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。