売り上げ10億のトップ営業マンが転職して自己破産へ…[転落する50代]の肖像

売り上げ10億のトップ営業マンが転職して自己破産へ…[転落する50代]の肖像
※写真はイメージです
 年功序列が崩壊したといわれるが、いまだに年齢階層別平均賃金では50代がピーク。しかし、リストラ、転職失敗、介護など、一度道を踏み外せば、いとも簡単に年収300万円以下へと転落する。バブル期に入社し、「恵まれていたクセに」と同情もされない悲しい世代の横顔は、明日の我が身だ。今まで語られることのなかったそんな転落50代のリアルから、社会人後半戦の教訓を学び取る。

◆売り上げ10億のトップ営業マンから、転職を契機に奈落の底へ

▼警備関連会社 役員・年収1000万円⇒機械販売会社 平社員・年収260万

「新規開拓が好きで、時代の先端を走っていたつもりが、まさか崖っぷちを走っていたとは……」

 そう語る高田義明さん(仮名・56歳)は、高校卒業後、地元の有力商社に入社。叩き上げの営業として年に10億円を売り上げ、評価は常にSランクだったという。

「雑務は一切やらず、接待で飲み歩いていましたね。取引先はどんどん増え、社内の女子社員とは10人以上と関係を持ちました。社員旅行では常に女子に囲まれ、経費もちょろまかし放題。確実に自分がエースだという自信に満ち溢れていました。それでも、年収は地方なので600万円程度。完全に調子に乗っていたので、そりゃあ不満ですよ。そこで父の経営する警備関連会社に転職しました」

 36歳の時に役員待遇で父親の会社へ。年収1000万円を超え、絶頂期を迎えた。ところが、そこは奈落と隣り合わせだったとか。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る 2018年10月23日のライフスタイル記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。