「無印良品 vs ユニクロ」冬のインナー対決、500人の判定結果は…

「無印良品 vs ユニクロ」冬のインナー対決、500人の判定結果は…
無印良品vsユニクロ「綿混あったかクルーネック長袖シャツ」(1290円)「ヒートテッククルーネックT(9分袖)」(990円・税別)
 今年9月、菓子メーカーの明治が、人気を二分するチョコスナックの雌雄を決する投票イベント「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」の結果を発表した。このように、似て非なる同ジャンルの商品・サービスは少なくない。今回の対決は日々の生活に欠かせない肌着や生活用品だ。

◆毎日使う日用品対決!

※30~49歳の男性500人を対象に、10月1~5日の期間にウェブでアンケートを実施

◆<冬のインナー対決>

ユニクロ「ヒートテッククルーネックT(9分袖)」(990円・税別)82%★勝者!

無印良品「綿混あったかクルーネック長袖シャツ」(1290円)18%

「ユニクロは店舗が多く買いやすい」「冬場のインナーといえばヒートテック一択」とユニクロの圧勝だったが「着比べたら無印のほうが品質が良かったので転向した」という声も。

◆<スニーカー靴下対決>

ユニクロ「ショート」(390円)72%★勝者!

無印良品「スニーカーイン」(よりどり3足890円)28%

「安いので、パンツや靴下などはすべてユニクロで買ってる」とかなり信頼されているユニクロ。一方で無印ユーザーは「丈夫で長持ち」「歩いても脱げてこない」と質を評価。

◆<カミソリ対決>

Schick 「5枚刃ハイドロ5カスタム」(オープン価格)65%★勝者!

Gillette 「フュージョンプロシールド」(オープン価格)35%

「デザインが特徴的で目立つからつい買ってしまう」「ボールがハイテクっぽい」と独自性が評価されたGillette。一方でSchickは「安い」「切れ味がいい」とコスパの良さが人気。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

SPA!の記事をもっと見る 2018年11月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「イケア」のニュース

次に読みたい関連記事「イケア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キッチン」のニュース

次に読みたい関連記事「キッチン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。