お金がなくて介護を受けられない「明日は我が身」の惨状

お金がなくて介護を受けられない「明日は我が身」の惨状
※写真はイメージです
「真面目に働いていたはずなのに、悲惨な老後が待っていた」。これが今の日本の現実なのか。

「65歳以上のいる世帯」の相対的貧困率は27.0%にのぼり(厚生労働省の「国民生活基礎調査」2015)、生活保護世帯の45.5%が65歳以上なのだ(厚生労働省「生活保護制度の現状について」平成29年5月)。



◆お金がないと介護も受けられない実情

 心身が衰えて一人だけでは生活していけなくなったとき、貧困老人たちはどうなるのだろうか。行き着く場所の一つが介護施設だ。月額20万~30万円払えるなら民間有料老人ホームに入れるが、お金がなければ公的な特別養護老人ホーム(特養)などに入るのが現実的。だが特養は満杯で、一施設平均117人もが入居待ちの列をなし(2017年、福祉医療機構調べ)、何年も入れないこともあるのだ。

『絶望の超高齢社会』(小学館/2017年)の著者で、自らも介護施設を経営した経験のある中村淳彦氏は「最もひどいのが『お泊まりデイサービス』。まさに生き地獄でした」と、その惨状を語る。

 お泊まりデイサービスとは、高齢者が通所して日中の介護サービスを受けたあと、そのまま施設に宿泊できるというもの。特別養護老人ホームなどが満杯で入れない人の受け皿として、お泊まりデイサービスが利用されているのだ。

 もともと日中用の施設で、お泊りは介護保険対象外なので規制がゆるく、きちんとした施設とひどい施設の差が大きいと言われている。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

SPA!の記事をもっと見る 2019年4月14日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。