販売不振だったプリウスがまた売れ出したのは、なぜ?

販売不振だったプリウスがまた売れ出したのは、なぜ?
初代プリウスは燃費だけという感じでしたが、4代目は燃費以外もとってもいいクルマ。担当Kも「一生乗る1台を決めろ!」と言われたら現行プリウスを選びます(新車は買えませんが……)
―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

 プリウスにどんなイメージを持っていますか? 燃費がいいクルマ、暴走する高齢者が乗っているクルマなど、いろいろあるでしょう。そんなプリウスは現行が4代目なんですが、気づけば顔とおシリのデザインが変わっておりました。人は見た目が9割と申しますが、クルマも見た目が大事ということが、プリウスでも重要な要素だったようです。

MJブロンディ改め永福ランプ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆攻めすぎデザインを改めたらプリウスが日本の国民車に返り咲きました

 販売不振に陥っていたトヨタのハイブリッドカー・プリウスが、昨年12月のマイナーチェンジで顔が変わったのを機に、ふたたび売れ始めております! 今年の4月から販売首位に返り咲き、1月から6月までのトータルでも日産ノートを逆転してトップに。定位置に戻ってきました!

 現在の4代目プリウスが発表されたのは’15年末。当初は先代の勢いを引き継いでバカバカ売れたけど、2年弱で失速し、’18年には販売台数が半減(対’16年比)。アクアに負け、日産ノートにブチ抜かれ、ニッポンの国民車としての地位がやや揺らいでおりました。

 販売減の最大の要因は、前衛的すぎる顔にあるという評判でした。2代目、3代目プリウスのデザインは、誰にでもわかりやすい適度な未来感がウリだったけど、「そこに安住してちゃイカン!」という開発陣の意欲が裏目に出てしまいました。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る 2019年8月18日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。