チケットを狙ってみたい穴場?パラ版バレーボールの知られざる魅力

チケットを狙ってみたい穴場?パラ版バレーボールの知られざる魅力
浅草のあたりにある試合会場は、何となく浅草っぽい飾り付け
―[今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪]―

~第72回~

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

◆パラ版バレーボール「シッティングバレーボール」とは?

 テニスと卓球はほとんど同じ競技です。ラケットでボールを打ち、ワンバウンドで返せなければ負け。ただ、テニスはコートで、卓球はテーブルで行なうことでほとんど同じ内容でありながら競技性はまったく違うものとなりました。大きな違いは一瞬のスピード。卓球の小さな台と軽いボールは、高速のラリーを生み出し、一瞬の反応が勝負をわけるスピーディーな競技として卓球を特徴づけました。

 同じように、「内容はほとんど同じだけど違う競技性」へと進化した競技がパラリンピックにあります。それがシッティングバレーボール。足が不自由な人も参加できる、座って行なうバレーボールです。今回はそのシッティングバレーの物見遊山のため、今年で22回目を迎える夏の恒例行事だという「夏パラバレーボール選手権大会」へと向かいました。

 場内では野村ホールディングスさんのブースが設置され、観覧客を迎え入れています。野村ホールディングスさんは東京2020大会のゴールドパートナーでもあるのですが、ゴールドパートナーになったあとで「ウチの社内にも誰か選手はおらんのか?」と調べたところ、たまたま社員のひとりに北京・ロンドンパラリンピックのシッティングバレー日本代表であった金木絵美さんがいたそうで、その縁からシッティングバレー、そしてバレーボールを特に支援するようになったのだとか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

SPA!の記事をもっと見る 2019年9月7日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SNS」のニュース

次に読みたい関連記事「SNS」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インスタ映え」のニュース

次に読みたい関連記事「インスタ映え」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら