「1切れ目は幅の広い肉側」料理人に聞いた、とんかつのおいしい食べ方

記事まとめ

  • 料理人に聞いた、とんかつのおいしい食べ方を紹介。
  • まずは幅の広い肉側の2~3番目、火入れの状態や肉と脂のバランスが一番いいという。
  • 続いて脂身側の端から2番目、肉側の端のスジ部分、真ん中、最後に脂側の端の順。

料理人に聞いた「とんかつのおいしい食べ方」。1切れ目はどこから?

料理人に聞いた「とんかつのおいしい食べ方」。1切れ目はどこから?
景気や時流によって移り変わっていく、食のトレンド。今ほど「とんかつ」に脚光が当たっている時代はないだろう。デキる男たるもの、油分過多など些細なことは気にせず、とんかつランチで午後の仕事の英気を養うべし! そこで今回は、マニア直伝「とんかつ最強の食べ方」を伝授する。

◆肉の大きさ・衣の厚さで塩、ソースのつけ方をチェンジ

 とんかつ好きが高じ、自身の店舗「焼鳥今井」の隣に空き店舗が出るや、とんかつ専門店をオープンした今井充史氏。店で出すとんかつのみならず、その「食べ方」にもこだわりが詰まりまくっていた。

「最初は味噌汁。そしてご飯をそのまま一口いただき、次にとんかつの順で食べます」

 とんかつは一般的に、上から見て幅が狭い側に脂身が偏っている。今井氏が1切れ目に手をつけるのは、幅の広い「肉側」の2~3番目だ。

「そこが火入れの状態が一番ちょうどよく、肉と脂のバランスも絶妙なんです。次に『脂身側』の端から2切れ目で脂のうまさを味わい、『肉側』の端で少しコリッとしたスジ部分の食感を楽しみます。そして余熱で火が入る真ん中の部分を食べて、最後に『脂側』の端、脂の余韻で締めますね」

 最初はそのまま、または塩で食べて、最後の2切れくらいをソースで食べるのが今井流だ。

「とんかつはその食感もおいしさのひとつ。サクサク感を維持するためにソースはその都度で。肉が分厚いとんかつは、ジューシーな肉の部分を一番に味わいたいので、肉の断面が歯に当たるよう横にしていただきます」

あわせて読みたい

気になるキーワード

SPA!の記事をもっと見る 2019年9月23日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら