眠れない夜に…もう不眠に悩まない対策25ヶ条/快眠セラピストに聞く

SNSなどの情報やゲームが気持ちを高ぶらせてしまう。さらに、止めるタイミングが見つからず、ダラダラ見続けて、結果睡眠不足にも。
 なんとか眠れる方法をと検索して、この記事にたどり着いた人はすぐにやめるべし。

◆【「眠れない寝室」を改善する5つの対策】

◆6)キレイな空気

 寝具などから出るほこりなどで、寝室の空気は意外と汚れている。空気が汚れていると呼吸が浅くなり、酸素を取り込む量が減ってしまう。結果、全身に酸素が行き渡らなくなり、疲れが取れにくくなるのだ。
 デンマーク工科大学による研究では、室内の二酸化炭素を減らしただけで睡眠の質が高まり、翌朝のパフォーマンスもアップしたという報告もある。
 朝晩、寝室の換気をし、空気清浄機を使うなどして、寝室の空気をキレイに保とう。

◆7)どんなに小さい照明もオフにする

 豆電球ほどの小さな灯りでも、その光刺激で睡眠が浅くなってしまう。寝るときの照明はすべてオフ。
 また、眠りに入る前も明るい照明は避けたほうがいい。夜、明るい光を浴びると、体が寝る準備に入ることができないのだ。寝る前のリビングは、オレンジ色のやさしい光や間接照明を取り入れよう。

◆8)ベッドは一人1台

 無意識に行っている寝返りだが、血液やリンパの流れを促したり、体温調節をするためにとても大切な役割がある。すぐ隣に誰かが寝ていると、寝返りがうまく打てず眠りが浅くなってしまう。できるだけゆったりとしたサイズの寝具を使うべきで、シングルベッドを一人1台使うのが理想的。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る 2019年9月29日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。