40~60代の中高年ひきこもりは61.3万人。ひきこもる6つの要因

40~60代の中高年ひきこもりは61.3万人。ひきこもる6つの要因
藤田孝典氏
 20万部を突破した『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新書)の著者、藤田孝典氏の新刊『中高年ひきこもり-社会問題を背負わされた人たち-』(扶桑社新書)が11月2日に発売された。

 平成30年度の内閣府調査によると、40~60代の中高年ひきこもりは61.3万人にのぼるという。

 15~64歳のひきこもりの全国の推計数は115万人で、ひきこもりの半数以上が40歳以上であると報告。

 つまり、若年層よりも中高年層のほう多いという衝撃的な事実が明らかになったのだ。

『中高年ひきこもり』では、より広範な視点から、社会全体や日本全体に広がる構造的な問題として取り上げている。

◆就労支援だけじゃ、ひきこもり支援をしているとはいえない

 この『中高年ひきこもり』の発売を記念して、藤田孝典氏が聖学院大学の学園祭で「広がる中高年ひきこもり」と題した講演会を行った。

 会場には学生だけでなく、40代、50代以上の高齢者も多数聴講していた。

 まず藤田氏は「“ひきこもり支援=就労支援”と思っている人が多いが、それだけでは不十分」と指摘した。

 それは、昨今のブラック企業に代表されるように企業の中にパワハラが蔓延しているという実態があるからだという。

 各都道府県の労働局に寄せられた意見によると、全労働者の30%が過去3年間にパワハラを受け、そのうちの10%は繰り返し受けているという実態が明らかにされた。

 だからこそ、中高年ひきこもりの当事者を就労の現場に入れただけでも、そこでまたパワハラを受けてしまう可能性もあるので、十分ではないというのである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

SPA!の記事をもっと見る 2019年11月13日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。