<純烈物語>サラリーマン、モデル、仮面ライダー、純烈、小田井の昇った階段<第22回>

<純烈物語>サラリーマン、モデル、仮面ライダー、純烈、小田井の昇った階段<第22回>
―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー ~純烈物語」]―

◆<第22回>純烈における小田井の立ち位置は「自分も生かした上で全体のプラスになるのが究極」

 小田井涼平の話を聞いていると、自己をしっかりと持った上で周囲が描いたことに乗っかるのも才能だと思った。何もかもを個人の意思で進めるのとは違い、そこにはシチュエーションや人間を見極める力を要する。

 自発的な動機にこだわるがあまりほかの選択肢を見いだせず、一つがダメだとそこで終わってしまうケースは世の中にあまたある。他力による可能性を生かせたら、それも立派な成功の形に変わりはない。

「うーん、僕はやっていくうちに見つかるタイプなんでしょうね。最初から自分の中では決められない。今思えば、すべてがそうなんです。どこに就職するかもギリギリまで決まらなくて、最終的に決めた理由もその仕事がしたかったからではなく、面接にいって話を聞いてなんとなくここがいいかなと思ったからで、職種で決めたわけではなかった。

 仮面ライダーのオーディションにしても、純烈の話も自分から動いたわけではなかったじゃないですか。もっとさかのぼると、仙台にいったのもそこでモデルになったのも、どうしてもと自分が望んだわけではなかったし。その時その時に巡ってきたものに対し頑張った過程が実は階段で、知らぬうちに昇っていただけなんです」

 神戸学院大学を卒業した小田井は地元の家電メーカーに就職。研修を終えると、いきなり仙台への赴任を言い渡された。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。