五輪後の都市運営を誰に任せるかで東京の今後は決まると憂える新年/鈴木涼美

五輪後の都市運営を誰に任せるかで東京の今後は決まると憂える新年/鈴木涼美
―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―

東京都の小池百合子知事は’19年12月24日、’20年7月に迫った東京五輪・パラリンピックについて「準備すべきことはかなり順調だ」と語った。’20年の漢字一字として「五」を挙げたが、五輪後の東京の都市運営には不安も大きい

◆ネグれないのは君のせい/鈴木涼美

 売り上げや時給で露骨に自分の値段を知らされるキャバ嬢は、客に指名替えなどされた日には、ただでさえ削られがちな自尊心が世紀末的な悲鳴を上げる。価値が多角的な女性は男性に比べてそういった自尊心クライシスを乗り越える術が比較的巧みだが、乗り越え方にはその人間の思慮深さや賢さが如実に表れるものだ。

 若干年増の先輩が、7歳下の新人に常連客の指名を取られて「小男だから、何も知らないバカな女に逃げた」と分析していたりすると、単にお金に煩く尊大な年増より新人のほうが魅力的だったのだと知る周囲は、見当違いな見解で自己防衛する姿は滑稽でパセティックなのだと学ぶ。

 東京五輪のマラソン会場が札幌に変更された時の小池都知事の反応は、そういう意味で滑稽でパセティックだった。都民の一部を落胆させたその「合意なき決定」について、IOCの手続きの不備や独断的な態度を上からユリコな態度で責めることに終始し、情報共有や議論ができる関係を構築できなかった自分にも不備があることは脳裏にもよぎらない様子。

 そもそもなぜ開催地が変更されたのか、変な傘を頭につける暑さ対策では不十分だったのでは?といった視点もない。変更を覆すほどの対策を新たに提案することもなく、ただただIOCや組織委員会がユリコ・ファーストでなかったことを責める。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。