日本の新車販売ランキング、よく見たらダイハツだらけ!なんでこうなった?

日本の新車販売ランキング、よく見たらダイハツだらけ!なんでこうなった?
―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

 昨年12月の登録車(普通車のこと)の販売ランキングを見ると、いつのまにか凄いことが起きていた。

 統計上は、1位カローラ、2位ライズ、3位プリウスとなっている。2位のライズは、ダイハツが開発した小型SUVのトヨタ向けOEM車で、11月の初登場でいきなり4位に入ったが、12月は2位に躍進していた。

 ところがこのライズ、ダイハツが開発して生産しているだけに、ダイハツの販売店でも「ロッキー」の名前で売られている。この2台、見た目がちょっと違うだけで、実質的には同じクルマだが、この2台を合計すると、カローラを上回って販売台数1位になる。

 さらには、7位、12位、39位には、これまたダイハツが開発・生産している小型ミニバン、ルーミー/タンク/トールが入っていて、この3台を合わせると(※スバルが販売しているジャスティも姉妹車だが、50位までに入っていないため除外)、これまたカローラを上回ってしまうのだ!

 再集計すると、販売ランキングはこのようになる。

1位 ライズ/ロッキー 1万2631台
2位 ルーミー/タンク/トール 1万1939台
3位 カローラ 9184台

 なんと、ダイハツのワンツーフィニシュじゃないか!

 軽自動車の販売ランキングでも、昨年11月、ダイハツの新型タントが王者ホンダN-BOXを逆転して1位になった。12月は4位に落ちたが、メーカー別の軽自動車年間販売台数(2019年)では、ダイハツがスズキを抑えて第1位だ。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。