日本一危険な祭に行ってきた。燃え盛る炎に飛び込む男たちに仰天…

日本一危険な祭に行ってきた。燃え盛る炎に飛び込む男たちに仰天…
―[日本一のスポットを巡る]―

 送り火や松明、灯篭など古くから祭事で重要な役割を果たしてきた「火」や「炎」。なかにはこれらが主役の火祭りも全国各地に存在するが、「天下の奇祭」「日本一危険」などと謳われる火祭りがあるのをご存じだろうか?

 それは愛知県西尾市の鳥羽神明社(とばしんめいしゃ)に1200年前から伝わる『鳥羽の火祭り』。毎年2月第2日曜日に開催され、先日行われた今年の祭りを現地で見てきたのだが、誇張などではなく本当に衝撃的な内容だった。

◆まずは真冬の三河湾でみそぎ

 最寄り駅の三河鳥羽駅は、2両編成の列車が1時間に2本しか来ない無人駅。住宅が密集している地域もあるが周辺には田畑が広がり、コンビニはおろか、飲食店もほとんどない。

 駅から10分ほど歩いて会場の鳥羽神明社に着いたが、全国的に有名な奇祭が行われる場所の割には境内はそれほど広くはない。ただし、その一角には竹と茅で組んだ5メートルほどの「すずみ」と呼ばれる大きな松明が2つ並んで設置されており、かなりの威圧感だ。

 ちなみにこの火祭りでは、住んでいる地域の東西で「福地」「乾地」の二手に分かれ、参加者たちが業火に包まれたそれそれのすずみに飛び込む。競い合うようにして神木と十二縄を取り出して神前に供え、勝敗の行方とすずみの燃え具合で、その年の天候や作物の豊凶を占うという。

 言い伝えでは、「福地」が勝てば豊作で雨にも恵まれるが、「乾地」が勝つと干天などの異変が起こるとされているため、「福地」にかかるプレッシャーがすごそうだ。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。