新型コロナ拡大で相次ぐ興行中止…プロレス団体DDTの選択は?

新型コロナ拡大で相次ぐ興行中止…プロレス団体DDTの選択は?
DDTプロレスリング 高木三四郎社長
 年が明けてからの話題と言えば、新型コロナウィルスに尽きるだろう。小学校や中学校を始めとする公立の休校措置、リモートワークや時差出勤など、日本中で事態の収束を見守っている。そんな空前の自粛モードが高まる中、エンタメ業界はどうなのだろうか。ドームやホールクラスの大物アーティストから、小規模のライブハウスまで、興行中止による影響は計りしえない。

 レスラーであり、また経営者としての顔を持つDDTプロレスリングの高木三四郎氏に、今回のコロナウィルスによるプロレス業界への影響について聞いてみた。

◆興行中止はすべて自己判断。損失額は…

――まずは、DDTプロレスリングでは何興行くらい中止になりました?(注:取材が行われたのは3月初旬)。

高木三四郎さん(以下、高木):うちは、DDT以外にも、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスと言う団体もあるのですが、その全グループを合わせて10興行くらいですかね。

――概算で損失はいくらくらいになるのでしょうか。

高木:1千万円以上です。

――短期間なのに、かなり高額ですよね。今までこのように興行を中止にする事態ってありましたか?

高木:それはなかったですね。

――中止の判断はすぐに決められましたか?

高木:いえ、やはりすぐには決められなかったです。僕の中で、やっぱり国から自粛要請とか、非常事態宣言が出たら止めざるを得ないだろうなっていうのがありました。そこがまず、一つの判断基準でした。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。