20世紀最後のボートレースダービーで勝負をかけた川崎智幸の壮絶な決着

20世紀最後のボートレースダービーで勝負をかけた川崎智幸の壮絶な決着
20世紀最後のダービーは3周目までもつれた激戦に。川崎智幸を凌ぐ池上裕次イラスト/ツキシモ(@Tsuki_Shimo111)
―[江戸川乞食のヤラれ日記S]―

<江戸川乞食のヤラれ日記S> =名勝負と呼べない名勝負?・6=

 先日行われた令和2年(’20年)の平和島SG第55回ボートレースクラシックでは吉川昭男、坂口周、福来剛の3人がSG初優出を決め、中でも吉川は初準優、福来は初出場、初準優の快挙を達成した。

 結果は残念ながら、吉川昭男の2着が最高位で初優出組には初優勝の栄冠は輝くことはなかった。

◆SG初優勝を多く輩出する総理杯とダービー

 実はSGの中で、総理大臣杯(現・ボートレースクラシック)とダービーこと全日本選手権競走(現・ボートレースダービー)は他のSG競走にくらべて、比較的SG初優出や、SG初優勝となる選手が多い。

 例えば、上瀧和則、山崎智也、濱野谷憲吾、山室展弘、滝沢芳行、原田幸哉、魚谷智之、高橋勲、丸岡正典、仲口博崇、守田俊介、深川真二……。過去20年くらいの間で、これだけの選手がダービーでSG初優勝を決めている。

 そして20世紀最後の年と当時はよく言われていた平成12年(’00年)の戸田競艇場で開催されたSG第47回全日本選手権競走もまた、地元埼玉の池上裕二のSG初優勝で幕を閉じたのだが、その池上の乗った優勝戦にはもう一人SG初優勝を目指して敗れた選手がいたのだ。

 この年の戸田競艇場は前年度に続き2年連続でダービーが開催され、戦前は相変わらずベテラン選手vs植木や服部などの若手との対決に加え、前年優勝者でSG初優勝の山室展弘のダービー連覇やモーターボート記念優勝者の西島義則のSG連覇への期待が話題の中心であった。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。