ドコモとKDDI、コロナ不況下で勝敗を分けるのは「携帯事業」ではない

ドコモとKDDI、コロナ不況下で勝敗を分けるのは「携帯事業」ではない
―[あの企業の意外なミライ]―

 NTTドコモ(以下、ドコモ)とKDDIの株価が好調です。

 在宅勤務や休校で外出を控える動きが全国的に広がるなかで、通信インフラの利用頻度が増えることから、底堅い値動きとなっているのです。また、通信事業はコロナ不況の影響を相対的に受けにくい上に、5Gの本丸として「コロナ下でも強い株」という認識が強まっています。

 両社が強いのは、オンライン需要が高まっているからなのか?

 この問い、短期的には正解ですが、長期的には不正解です。ドコモとKDDI、両社の本当の強みは何なのか? 私、テクニカルアナリストの馬渕磨理子が、3分間で通信業界の未来を“知り放題プラン”でお届けしましょう。

◆通信業界を知るキーワード「アープ」と「アーパ」

 ドコモとKDDIの2社ともに、営業利益は1兆円超え。営業利益率は20%を超えており、これはかなり高い水準に入ります。両社は、通信事業と非通信事業を柱としています。下記のように、両社で売上高、営業利益率ともに大差がないことを抑えておけば、ここではオッケーです。

【ドコモ 売上割合】
・通信事業:8割(約4兆円)
・非通信事業:2割(約8800億円)

【KDDI 売上割合】
通信事業:7.6割(約4兆円)
非通信事業:1割 (約5700億円)

 さて、話はここから。本稿の結論とは関係ないため、時間のない方はこの章の最後まで読み飛ばしていただいて結構です。

 通信業界で重要視されている指標に、ARPU(アープ)とARPA(アーパ)というものがあります。これらの言葉、初めて耳にする方も少なくないでしょう。簡単に説明します。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。