Amazonに潜む“怪しい商品”。ポチる前に見るべき3つのポイント

Amazonに潜む“怪しい商品”。ポチる前に見るべき3つのポイント
 外出自粛生活の中で、Amazonや楽天などのネット通販を活用したという方も多いだろう。どんなものでもたいていは品ぞろえされていることや、注文してからすぐに届くことから利用者数が増え続けているAmazon。

 だが、ここ数年、「レビューの評価が良かったから購入したのに期待はずれだった」「安いと思って注文したのに何も届かなかった」といったトラブルが起きているのも事実だ。消費者としては信用していたぶん、裏切られた時の落胆は想像以上に大きく、できれば避けたい。

 そこで今回は、元Amazon社員のじゅん氏に「Amazonで怪しい商品を見分けるコツ」についてポイントを聞いた。

◆Amazonでポチる前にチェックしたい3つのポイント

 先日、Amazonやマイクロソフト、Sansanなどを渡り歩いてきたじゅん氏(@jun_planner)の投稿がTwitterで大きな話題を呼んだ。

「元アマゾンとして言いますがポチる前に確認してください!

①商品名の先頭が「メーカー・ブランド名」※規約
②写真の1枚目は「商品単体のみ」※規約
③レビュー分布が「F型」(5→1の順に少なくなる)

 ①②ができていないのは規約違反なので怪しい業者の可能性高いですー!気をつけなはれ~」

 投稿のきっかけは、自身がヨガマットを買おうと思ってAmazonで商品を探した際、怪しいものがたくさんあったことだと話す。じゅん氏は過去にAmazonに勤めていた経験から“規約違反の商品”に気づいたのだ。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。