今どきの小学生は「自前のVisaカード」でお買い物。いったいなぜ?

今どきの小学生は「自前のVisaカード」でお買い物。いったいなぜ?
今どきの小学生のなかには、クレジットカードを所持している子も
 キャッシュレス決済が急に浸透してしまった。「してしまった」という表現をあえて使ったのは、やはり新型コロナウイルスの影響があるからだ。現金よりカードを使ったほうが、衛生上より望ましいという発想が広く知られるようになった。そしてそれは、小学生も例外ではない。

 中高年には驚きの光景かもしれないが、今どきの小学生のなかにはVisaのカードを使っている子もいるのだ。これを「子供のくせにけしからん!」と言ってはならない。これはこれで、合理的な判断に基づくものである。

◆小学生の財布からVisaカード

 Visaといえば、地球上の誰しもが知ってる国際クレジットカードブランド。海外で買い物をする際は必需品と言ってもいいものだ。

 ここで想像していただきたい。ランドセルを背負った小学生がコンビニで買い物をするのに、がま口財布から小銭……ではなくVisaブランドのカードを出したら、大人はビックリするはずだ。そのカードは親の財布から盗んだのか? そんなことをしたらダメじゃないか! そう説教する前に、まずは三井住友カードの公式サイトを見てほしい。

 『Visaプリぺ』というカードの紹介ページには、申込条件として「満6歳以上(小学生以上)の方」とある。これは決して誤植ではない。このVisaプリぺは、その名の通りプリペイドカード。最大30万円までの残高を充当でき、今話題のタッチ決済にも対応している。クレジット機能はないから、これを作るのに審査は不要。だから6歳児でも所持できる……と説明しても、「そんな馬鹿な!」と絶叫する大人がまだ存在するかもしれない。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。