藤井聡太七段の強さの秘訣は「恩師の激励」にあった

藤井聡太七段の強さの秘訣は「恩師の激励」にあった
―[魂が燃えるメモ/佐々木]―

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第188回

 将棋の藤井聡太七段が31年ぶりにタイトル挑戦最年少記録を更新しました。彼はこのほかにも最多連勝、3年連続勝率8割以上といった複数の新記録を打ち立てています。その強さの秘訣は、小学生の時点からすでに垣間見ることができます。

 藤井七段はプロを養成する奨励会に入会した小学四年生の時に、地元のラジオ番組に出演しました。この時、彼は「名人超えを目指す」という抱負を語っています。

 決断には常に人物の影響があります。「あの時、あの人が、ああいってくれたから。だから自分はこうするんだ」ということがあって、人は何かを決断します。「名人超えを目指す」という決断には、彼が5歳から通い始めた「ふみもと将棋教室」の指導者、文本力雄の影響があります。

 藤井七段は奨励会に入会すると同時に、ふみもと将棋教室を退会しています。この時、母親と挨拶に訪れた藤井七段に対して、文本氏は「名人を目指すなら応援しない。名人を超えろ」と激励しました。藤井七段がラジオで「名人超え」を抱負として語ったのは、その数ヶ月後でした。

 このように自分の夢や目標が恩師の受け売りであることは珍しくありません。iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授は書籍や講演で、「世界を相手にする」というフレーズを繰り返しています。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。