コロナ後遺症の29歳「1か月たってもチョコの味がわからない」医師が解説

       
「新型コロナウイルスに感染して肺炎が起こってしまうと、どうしても息苦しくなるのでそこからリハビリは大変かもしれません。そこで、呼吸のための筋肉をあらかじめ鍛えておきましょう」

 呼吸のための代表的な筋肉は横隔膜。簡単なトレーニング方法も聞いた。

「腹式呼吸の練習をおススメしております。これは、呼吸筋のリハビリトレーニングにも使われている方法なのですが、

①口をすぼめて息を吐く

②限界の一歩手前まで息を吐き続ける

③鼻から息を吸う(というより、吐き切った直後に、勝手に入ってくるイメージ)

④①~③を繰り返す

⑤余裕のある人は仰向けになりながら行う(辛い人は座りながらでOK)

これらを毎日、気が向いた時に5~10回やるだけでも、呼吸する時の筋肉が鍛えられるのでオススメです。後遺症にとってプラスになるエビデンスはまだありませんが、改善効果は期待は出来ますし、マイナスにはなる事はありません(当然やり過ぎは禁物ですが)」

 最後に、感染して後遺症に悩んでいる人でも、「一生治らないかも……」と悲観的になることはない。できることはある。

「味覚と嗅覚が戻っていない人なら、末梢神経の再生に関係しているビタミンB群を意識して摂取してください。たとえば野菜や果物を意識的にとるとか。息苦しさを感じている人は、筋肉をつけるためにたんぱく質を積極的にとるのもいいでしょう。それとともに、息苦しくならない範囲でいいので、階段を使うのも効果的。無理のない軽度の運動を続けていくことが大事です」

<取材・文/すずきおさむし>

【橋本将吉】
現役の内科医師。日本内科学会、日本医学教育学会、日本病院総合診療医学会、日本心療内科学会所属。株式会社リーフェの代表取締役を務める。YouTuber「ドクターハッシー」として健康情報を発信しつつ、未来の医師を育てる医学生のための個別指導塾「医学生道場」の代表を務める。
Twitter:@karada_plan
youtubeチャンネル:ドクターハッシー

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。